【愛知ママ必見】赤ちゃんと日帰り旅に行こう!デイユースがお勧めな理由

お出かけ

現在、生後5か月になる愛娘らくちゃんを育てる管理人の「らく子」(@rakuko)です。

スポンサーリンク

赤ちゃんと日帰り旅に行こう!

そろそろ旅行に行きたいけど、お泊りは難易度が高くて不安…。
そんな時は、赤ちゃん連れでも家族でのんびりできるデイユースがお勧め!!

らくちゃんと一緒に県内で旅行に行きたいと思い付き、生後4か月の時にデイユースを利用してきました。

デイユースとは?

デイユースとは、シティホテルやビジネスホテル、温泉旅館等で宿泊を伴わない日帰り利用の事を言います。

立ち寄り温泉・昼食付き・個室休憩付き・午後からの利用で夕食付等バラエティに富んだプランが多数存在しており、気軽に旅行気分を味わえるのがメリット。

赤ちゃん連れ旅行だとどうしてもオムツやミルク、着替えにあれこれ…etc.
と荷物が莫大になってくるものですよね。

また、低月齢の赤ちゃんとの一泊二日のお泊りとなると、「泣声は迷惑にならないかな」「夜はちゃんと寝てくれるかな」と、何かと不安になります。

最近では、「ウェルカムベビーのお宿」と謳っている宿泊施設が多数ありますが、サービス満点の分、お値段が少しお高めなのかなと感じます。
(お金がたくさんあれば行ってみたいなぁ…(´;ω;`))

デイユースの利用料ってどのくらい?

愛知県内の温泉地で検索すると、入浴+昼食付で大人一人あたり3,000円~、
更に個室利用含めると4,000円~の価格帯でプランがありました。
(H31.9月時点)

比較的お財布にやさしく、気軽に行けるのではないでしょうか。

らくちゃんとの旅~ベビー連れて愛知・南知多へ~

色々調べてお値段とも相談した結果、愛知県南知多にある【天然温泉と新鮮な海の幸の料理旅館「海栄館 鯱亭」】に行ってきました!

決め手は、コスパの良さ!

大浴場からは海が見え、こども専用の入浴コーナーあり。
個室休憩だけではなく、お部屋にてお食事を頂ける嬉しさ。
更にキッズルームがある等、子供にとてもやさしいお宿でした。


・旅館名
 海栄館 鯱亭

・住所
 愛知県知多郡南知多町山海海岸

・プラン内容(日帰り昼食プラン)
 入浴・お部屋食付き【基本会席~渚の膳~】

・利用時間
 食事11:30~14:00
 入浴11:30~14:00
(貸出バスタオル300円・持込可) 

・料金
 4,000円(平日/大人一人あたり)
※今回はじゃらんの遊び・体験予約からクーポン(2,000円分)を利用し、
支払額は大人二人で6,000円でした♪

じゃらん 遊び・体験クーポンとは?

「じゃらん遊び体験予約」とは、じゃらんが提供するデイユースやアクティビティ専用の予約ページです。

リクルートIDを持っていれば、だれでもお得クーポンを獲得することが出来、料金から割引してもらえます。

クーポンには予約枚数に上限があったりするので、お早目に獲得することをお勧めします!

旅先レポート!

「鯱亭」までのアクセスは、電車だと名古屋駅から名鉄特急で河和駅下車(乗車時間50分)、駅からは無料送迎をしてもらえます。(HP参照)

今回は、パパの運転にて車で行きました!

山を越えて海沿いの道を進んでいったところに旅館があり、
とてもワクワクした気持ちで到着。

まずチェックインをしてお部屋に案内されると、景色はオーシャンビュー!

お部屋は、素朴な和室(少々年季が入っていましたが、らく子的にはそこまで気にならなかったです。)らくちゃん用にバウンサーが準備されていたことに感動。

大浴場はまだらくちゃんには早いかなと思ったので、パパと交代で入浴。
平日に行ったからか大浴場貸し切り!これまたオーシャンビュー!

大浴場内にはキッズコーナーがあり、滑り台やボールプール等がありました!
ベビー用のバスチェアやねんね状態でも使えるバスマットも備え付けであったので、らくちゃんも連れてこれたなぁと後悔(´;ω;`)
でも、パパにらくちゃんを見てもらっている間ひとり時間が出来てゆったり気分に♪

お部屋に戻ると、お部屋食の準備がはじまりました。
南知多の海鮮が次々と並び、みてるだけでもヨダレが、、、!!

【お品書き】

・渚コース
先付 季節の小鉢
向付 お造り盛り込み
鍋物 海鮮せいろ蒸
揚げ物 天ぷら
強肴 アワビ・伊勢海老のバター焼き
焼物 旬魚の木の芽焼き
蒸し物 茶碗蒸し
ご飯 お茶漬け(薬味たくさんあり)
水の物 水菓子(ゼリー)

お食事は全ておいしく、とてもお腹いっぱいに。

お部屋食なので周りを気にせず、ゆったりと出来ました。

その後は、家族3人でチェックアウトの時間までゴロゴロ。最高です。

おわりに

子連れ旅行にデイユースがお勧めの理由、少しでも知って頂けたでしょうか?

育児で疲れた身体を癒し、またひとつ家族の思い出を増やしませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました