【誘発分娩②】初産なのに分娩時間3時間をきったハナシ

妊娠・出産

現在、生後5か月になる愛娘らくちゃんを育てる管理人のらく子 (@rakuko) です。

【誘発分娩①】に続いて、今日は退院後のお話です。
退院翌日、おしるしは見られるものの前駆陣痛なるものは全くなし。

陣痛ジンクスの効果はいかに?!

よく聞く陣痛ジンクスにはいろいろな種類がありますよね。
らく子は、定番のものを片っ端から試しました!

◎らく子的に効果てき面だったもの

・ウォーキング
・階段昇降
・スクワット

△らく子的に効果を感じられなかったもの

・焼き肉を食べる
・オロナミンCを飲む
・雑巾がけ


予定日直前に△事項を行いましたが、特に変化はなく、◎事項を行った深夜(予定日超過4日目)、「プチっ」という音と共に水が出てきました。
尿漏れかと勘違いするレベルの少なさと、ちょっとだけお腹が痛いかなという感覚でしたが、念のため病院に連絡を。

病院の指示の元、早朝5時に再度入院。
リトマス紙のようなもので検査した結果、高位破水(卵膜の上の方で破水が起こること。)でした。この時、子宮口3センチと変わらず。
感染予防のための抗生物質を飲み、前回と同様午前6時頃から点滴にて陣痛促進剤投与開始。

午前7時:お腹の張りと共に下っ腹が痛むけどまだ我慢できる程度。

午前8時:痛みが増し、自分の拳をひたすらお尻に押し当ててました。
ここでもまだ連絡を取る余裕があり、促進剤増量。

午前9時:1~2分間隔程陣痛が来て、とにかくお尻が痛すぎて声が出てしまうほど。ここで内診をしてもらうと子宮口は8センチ。

分娩室に移動して、「ここからが長いよ」と助産師さんに言われていましたが、
30分経ったくらいから、いきんでいいよ!との声が。
この間の入院が嘘のように、あれよあれよと進むお産に心がついていけないところもありましたが、そこから更に30分後には元気な産声が!!!
分娩時間はなんと2時間51分

我慢できない痛みは8時~10時の2時間くらいだったと記憶しています。
初産のひとは12~14時間かかるとよく聞いていたので、終わってみてビックリ。家族も驚きのスピード安産でした。

促進剤の痛みについては、段階を踏んで少しずつ痛くなっていくというよりも、さっきまでは余裕があったのに、え、もう無理・・!という明らかに違う痛みがくる感覚が短時間で現れました。しかし、全体の時間が短い分お産の体力消耗は少なく、結果的には良かったのかなと感じています。

おわりに

お産の進行はひとそれぞれではありますが、我が子に会えた時の感動はひとしおに。誘発分娩予定の方、陣痛促進剤に不安をお持ちの方、プレママ・プレパパさん向けに、こんな人もいたんだなと思いだしていただき、少しでも参考なれたら幸いです。

コメント

  1. いい参考になりました。ありがとうございます!ヾ(*´∀`*)ノ

タイトルとURLをコピーしました