手が汚れない!?スプーンで簡単・ずぼらハンバーグレシピ

料理

現在、生後5か月になる愛娘らくちゃんを育てる管理人の(@rakuko)です。

子育て中だとご飯を作るのも一苦労。赤ちゃんは夕方に黄昏泣きをよくするので、丁度ご飯の支度の時に限ってバタバタするものですよね。

そこで今日紹介するのは、
【パパも大好き!スプーンで作るずぼらハンバーグ!】

でもハンバーグって美味しいけど、下ごしらえ面倒くさいし、焼き加減も良く分からなくて、
まわり焦げてるのに中身生だったり。

1番嫌なのは手がベッチャベチャになることではないでしょうか?

洗ってもなかなかとれないお肉の脂…
容赦なく泣いてママが来てくれるのを待つらくちゃん…

これが何回も続くとな~んにも進まないですよね。

そこで、らく子は考えた。
手、もう使うのやめよう…

本に書いてあるレシピ通りやらなくても、美味しいハンバーグは出来ます!!

スポンサーリンク

スプーンで作るずぼらハンバーグレシピ!

手でこねなくても、ポリ手袋やフードプロセッサーが無くても、
スプーンがあれば全て解決!

成形もこれひとつで行います!


ハンバーグの作り方

材料(2人分)

・合いびき肉 300g
・玉ねぎ 1/3
・豆腐 1/2
(絹でも木綿でもどちらでも可。3パック1つで販売されている物をいつも使ってます)
・卵 1つ
・パン粉 大3
・塩、コショウ 少々
・スプーン 1つ

①玉ねぎはみじん切りにし、あめ色になるまで炒める。
(勿論生でも、レンジでチンでも問題ないですが、少し焦げた風味が出た方が好きなので今回は炒めました)

②ひき肉・豆腐・卵・パン粉・塩コショウ・先ほど炒めた玉ねぎを一気にボウルにいれて、
 スプーンで混ぜる!混ぜる!混ぜる!THE・ずぼら!
(豆腐はスプーンの背で潰す。水抜きしなくてもパン粉が水分を吸収してくれるのでOK!)

 ⇒   ⇒   ⇒ このくらいになるまで!

③豆腐の塊がなくなり粘り気が出てきたところで、スプーンですくって好きな大きさに固める。

④フライパンに油をひき、先ほど成形したハンバーグを強火で30秒焼く(焼き目をつける程度)

 

⑤フライパンに蓋をして、弱火で3分蒸す。
⑥同じように、ひっくり返して強火で30秒。
⑦蓋をして弱火で3分蒸し焼きにしたら完成!

ソースの作り方

材料

・ケチャップ 大3
・ウスターソース 大3

①先ほどハンバーグを焼いたフライパンで、ケチャップとウスターソースを混ぜ混ぜ。
 (肉汁をからめた美味しいソースの出来上がり♪)

ポイント

材料を全てボウルにいれたらスプーンでぐしゃぐしゃに混ぜるだけ。

お豆腐を少しいれたお陰でふわふわのハンバーグになります!
(あまりいれすぎると完全なる豆腐ハンバーグになってしまうのでお好み量で)

焼く時は強火と弱火のめりはりをつけて焼くことが重要。
はじめは強火・短時間で焼き目をつけてカリっとさせ、蓋をしてからはじっくり蒸し焼きにすることで、多少厚みのあるハンバーグも外側焦げて中身が生。という事態になりにくいです。

大きさによっては様子を見ながら焼き時間を調整してください。

おわりに

子育てをしながらの家事は、何をするにも手間がかかるものです。

毎日つくるご飯だからこそ、手間の軽減と時短はとても重要。
下準備や材料を入れる順番、レシピ本通り作らなくても大体美味しくなります(笑

少しでも手を抜けるところは抜いて、我が子との時間をたくさん作ってあげたいですね。
本日の夕食に、「スプーンで作るずぼらハンバーグ」作ってみてはいかがでしょうか?



コメント

タイトルとURLをコピーしました